これまでの実績

2017年4月 帯広在住で99歳のオカリナプレーヤー江島幾代さんの白寿コンサートのサポートととして結成。
満席のとかちプラザレインボーホールで華々しくデビューする。
現在、高齢者施設や障がい者施設の慰問演奏活動や地域のお祭りなど、積極的に演奏活動を行っている。

GALLERY

プロフィール

隊長 横田岳史 ボーカル、ギター
1969年生まれ 茨城県出身 中学時代から作詞作曲やバンド活動を始め、大学卒業後本格的に音源制作を開始する。 1997年に北海道在住の元プロベーシストプレーヤー金田一昌吾氏に出会い、2001年北海道に移住。 2009年、金田一昌吾氏をプロデューサーにパパスサウンドマニュファクチュア(PSM)を設立。 PSMの第一弾アーティストとしてアルバム「adi adi adi」を発売。 2011年福山雅治のプロデューサーの井上鑑氏と共演。 2013年PSMから脱退後も、プロデュース業など様々な方向に音楽活動を展開。 2017年4月99歳のオカリナプレーヤー江島幾代のコンサートをプロデュース。とかちレインボーホールを満席としている。 2018年、江島幾代の100歳コンサートもプロデュース予定。 また2002年より障がい児者のミュージックセラピー「おしゃべリズム」(現在も月2回開催)や2011年より東日本津波大震災復幸支援チャリティーFACE AID(現在も活動継続中)など、音楽による社会貢献活動も積極的に行っている。

美人隊員 CANANA ボーカル、フルート etc・・・
函館市出身 3歳でピアノを始め、中学校で吹奏楽部に入部し、フルートと鍵盤打楽器(シロフォン、グロッケンetc.)に出会う。 絶対音感と秀でた相対音感を持ち、一度耳にしたメロディーはすぐに再現できる。 小学校の学芸会ではゲーム音楽の譜面を起こし、中学時代には演劇で使用する楽曲の演奏を依頼され、フルートソロのレコーディングを経験した。 また、学生時代より複数のロックバンドからスカウトを受け、ボーカルとキーボード演奏を務めた。 大学卒業後、音楽活動を封印していたが2013年頃より再開。 2014年から横田岳史のユニットに参加。 札幌市内を中心にライブハウスでの演奏の他に、チャリティイベントやボランティア、地域のお祭りにも積極的に参加し、演奏実績を積む。 2017年4月の江島幾代コンサート(とかちレインボーホール)では、マルチプレイヤーとしてサポートする一方で、唱歌や歌謡曲を見事にアレンジ・演奏し満席の観客を魅了した。

イケメン隊員 田村幸崇 和太鼓
1989年生まれ 北海道出身 10歳の頃に和太鼓に出会う。2013年にプロとして活動を始める。 海外シンガポールや『三國清三シェフ』の祝賀会、よさこいソーラン祭り、札幌CITY JAZZなどで演奏そして『ARASHI LIVE TOUR 2015 japonism』札幌ドーム公演で和楽器隊として出演。数々のステージに出演している。 2015年から行なっている主演コンサート『和楽』では初公演で満員の200人そして2回目も満員の400人を動員し、大成功に収めている。 また、太鼓の作曲や指導も行なっており、2015・16年に提供した楽曲にて指導チームを全国大会に導た。 若い世代に和太鼓を広めるべくJAZZ・レゲエ・ボサノバ・クラブなどの音楽要素を織り交ぜ、今までにないステイルで演奏を行なっている。

スケジュール

  • 収穫祭 駒そば亭
    北海道千歳市柏台南1丁目5−2
    演奏時間12時~13時くらい

  • 高齢者施設での慰問演奏活動

お問い合わせ

  • 株式会社リードネット

    〒003-0021
    札幌市白石区栄通15丁目8-8
    ハイムカトレアB407

    Tel 011-827-8417

    e-Mail family@haniho.net